トレーニングジム(女性)

BLOG

2019.06.12お知らせ

6日間走で世界記録を狙う小谷修平選手のトレーニングサポート日誌Vol.2

こんにちは、リンクフィットネス代表兼パーソナルトレーナーの植松です。

4月末より、小谷修平選手のサポートをパーソナルトレーニングという形で始めさせていただきました。

先日、簡単な小谷選手の紹介記事を書いてますのでよければご覧ください。

小谷選手のトレーニングサポート日誌Vol.1はこちら

さてトレーニングをだいたい週1ペースで実施することができています。

トレーニング当初の一番の課題は、、

10kmで出る右足首内側痛。。

足のブレ、硬さ、アーチ機能不全などが重なり後脛骨筋という筋肉に過度な負担がかかっていたようです。

しかし1ヶ月、4回目のトレーニングをする頃には練習で20km以上走っても違和感も出ない状態に。

2ヶ月目に入っていますが、さらにロングを走っても足の痛みは出ないようです。

どんなことをしたかというと、後脛骨筋はもちろん、親指を曲げる筋肉を緩め、足首を起こしたりするときの硬さをとり、足が向く方向や接地がまっすぐいくようにしました。

また、足の全ての関節を入念にチェックし、骨同士の詰まり感を抜いていきました。足には26個の骨があるから、皆さんのイメージする足首以外の足部の関節にも硬さが出ていたりするんですね。

後脛骨筋の張りが出ない程度に、足のブレを軽減する補強エクササイズを実施。

足首周りの筋肉と、足の筋肉をいくつかの種目で活性化。

だいぶ幹部周りの直接原因となる硬さが取れトレーニングも順調なので、ふくらはぎ上部に残っている張りを少し変わったストレッチでほぐしたりしました。

張りが取れてきたので、今後は6日間走用にふくらはぎの強化もしていきます。

関節にめちゃくちゃ優しくて安全で効果の出る筋力訓練です。

臀部や、その他身体のインナーマッスルの活動を高めるトレーニングはすでにやっています。

こちらも膝の位置や体幹の安定感など、どんどん成果が出ています。

鹿児島に出張セミナー中も、しっかりと指示したエクササイズやストレッチをこなしてくれているおかげですね。

一人ではものすごく改善が難しい右肩、肩甲骨の特徴的な動きも調整中です。

また、今日は足首の機能を取り入れた、効率よい重心移動のテクニックをエクササイズを通して身体に入れていきました。

こんな感じです。


画像では分かりにくいですよね~(苦笑)

今日小谷選手にやってもらったエクササイズの一部に、足のバランス感覚や体幹を保持するためのものがあります。

ちょっと応用すると、トレイルランナーにとってもものすごく良いエクササイズになったりします。

7月に教室を開催するので、トレイルランナーの方は必見、ですね!

リンクフィットネスのマラソン教室のスケジュールや詳細は下記からご確認ください!

皆さまのご参加をお待ちしてます。

そして、小谷選手を知っている方、もしくは興味を持ってくれた方、ぜひ応援してください!

—リンクフィットネスの情報を更に見たい方は下記よりご覧ください—

リンクフィットネス公式HP

ランニング教室参加し放題!7つの特典もつくランニングフリー会員について

ランニング教室月間カレンダー

リンクフィットネスイベント一覧詳細とご予約

怪我、シューズのお悩みを解決します。プライベートセッションのご案内

リンクフィットネス代表、植松駿太のfacebook

お問い合わせ

Link Fitness