トレーニングジム(女性)

BLOG

2019.09.06お知らせ

ランニングフォーム解説/手首の向きで身体の使い方が変わる

ランニングフォームで、手首の向きって気にしたことありますか?

ここに関してはあまり他のランニング教室では深く触れないのかな、と思います。

もしくはなぜ直すのか説明がなかったり。

ここでは具体的に理由も踏まえて解説します。

まずもっとも多いこんな例を見てみましょう。

左右の手首、特に左手を見てみましょう。

手首がクンと上向きに反っています。

これ、けっこう多いんです。特に女性。

この手首のクセがあるとどうなるか?

腰が反ります。すると腹筋側の筋力が抜けます。腰痛の原因となり得たり、上体が起きすぎる原因となったり。アゴが上がりやすくもなりますね。

手首や、首の向き、角度って、けっこう姿勢や動作に影響するんです。

意外な盲点かもしれませんが、手首の向きによって、

体幹に勝手に力が入りやすくなったり、

腕振りがしっくりきたり、

肩甲骨が安定したような感覚があったり、

地面を押した力が空振りすることなくきちんと押せてる感が強まったり、

長く走っても腰痛が出なくなったりなどの効果が期待できたりします。

この感覚は個人差があったり、他にも身体に色々なクセやうまくいかない原因はミックスされているので、他にも改善を図らないと変わった感じがしない方もいます。

ただ、自分の手首がどうなってるか、見直すきっかけにはしてみてください。

他にもいくつかの例を挙げてみます。

先ほどとは逆のような手首のクセですね。この方は手首が猫の手のように、丸くなっています。

この場合、

肩が前に入りやすかったり、

猫背姿勢が助長されたり、

骨盤が丸まりやすかったり、

腹筋の中でも、インナーマッスルというよりアウターマッスルの活動が高まってしまい、ランニング中の「体幹」の良い使い方とは異なったり。

などの特徴が出てきます。

さらにこんな例。

手首がだらんと下に下がっています。

これは、友人やランニングコーチに、「肩の力を抜きましょう」と言われた経験がある方に多かったりします。

肩の力は抜けず、手首の力だけ抜いてしまってる状態。

手首のバランスの良い状態は、「安定」してること。

見た目では前腕と同じ向き、真っすぐであること。

こんな感じですかね。

この方が、肩甲骨、体幹が安定し、勝手に肩の力が抜けます。

いかがでしょうか。

ぜひ今度ジョグをするときにチェックしてみましょう。

チェックしてみた時、

手首が反っていた方は「空気をつかんでいると思って走る」

手首が曲がりすぎていた方は「指のすき間を少し空けるようにして走る」

手首がだらんとしていた方は「ごく軽めの、ハンカチサイズくらいのものを握って走る」

などの工夫をまずしてみてはいかがでしょうか。

下半身の動きをランニング中に意識して狙い通りに動かすことは非常に難しく、余計にぎこちなくなってしまうことが多いためうまくいくケースは少ないのですが、

上半身は一つにしぼったりすればランニング中に意識すればうまくいくかもしれません。

しかも手首に関しては、肩や股関節のようにそれ自身が大きくダイナミックに動いている部分ではなく、「保つ」だけなので比較的改善しやすい部位になります。

ただそれでも上記の意識でうまく人もいれば、うまくいかない人もいるでしょう。

何かお困りのこと、疑問があればぜひリンクフィットネスのランニング教室にお越しください。

下記のリンク先より、教室スケジュール、各イベント詳細などご確認ください。

—リンクフィットネスの情報を更に見たい方は下記よりご覧ください—

リンクフィットネス公式HP

ランニング教室参加し放題!7つの特典もつくランニングフリー会員について

ランニング教室月間カレンダー

リンクフィットネスイベント一覧詳細とご予約

怪我、シューズのお悩みを解決します。プライベートセッションのご案内

リンクフィットネス代表、植松駿太のfacebook

お問い合わせ

Link Fitness